今川義元 (人物叢書) (単行本)

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
今川義元 (人物叢書) (単行本)-駿河・遠江・三河の三ヵ国を治めた戦国大名。桶狭間の戦で信長に敗れ、あえない最期を遂げた暗愚の将として語られてきた義元だが、謎に包まれた家督争いに 勝利して当主の座に就き、巧みな領国経営と法治主義をめざした武将であった。通説を見直しつつ、京都との交流で芽生えた今川文化にも迫るなど、知られざる 実像を浮き彫りにした義元伝の決定版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
有光 友學
1941年生まれ。1968年大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、横浜国立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)